メモ用紙

postheadericonPOSシステムを知る

POSシステムは販売のやり方を劇的に変えたと言っても過言ではないものです。
例えばコンビニにおいて、お弁当はどの程度仕入れたらよいのか、どのくらい売れるのかはまさに長年の経験と勘に頼るものでした。
けれども今は、かなりの精度で売れる時間帯から量などを予測することが可能となっています。
そしてそのデータを元にして受発注管理を行ったり在庫管理を行っているわけです。
どの商品がどの程度売れるのかを把握することができれば、仕入れの量も的確に把握することができ、売れ残りを出したり、あるいは求めるお客さんがいても在庫が無いということはなくなります。
その分、無駄なコストをかけることもなく、また販売の機会損失を出すこともないわけです。
そしてこのPOSシステムからのデータを元にして、自動的に行われる受発注管理システムもあります。
商品が足りなくなれば発注をかけてくれるのです。
それと同時に在庫を切らすことのないように在庫管理を行うことで、生産計画も立てられるようになります。
このように、POSシステムと受発注管理、そして在庫管理が連携をとることによって無駄を無くし、コストも減らして利益率を上げることにつながるわけです。
また、POSシステムのデータはグループ会社全てに共有されるために、他の店舗との連携もとれるようになります。
店舗同士のつながりも考えれば、受発注管理と在庫管理はさらに効果を高めて企業の利益に貢献することになります。

記録する

postheadericonPOS分析を徹底活用

コンビニエンスストアにおける在庫管理および受発注管理は、レジスターのPOSシステムと連動しています。
フランチャイズチェーンによって多少差異はありますが、基本的にはPOSシステム連動の受発注管理システムは優秀で、季節にあわせた商品やサービスが常に店頭において取扱いできるようになっています。
たとえば、気温や天候の変化を予測情報に基づき、それに合わせた商品の販売ができるよう受発注管理を行っています。
またこれらPOSシステムは、在庫管理とも連動しているため、コンビニエンス店のバックヤードには、あまり多くの商品を積む必要もなく、店舗スペースを有効に活用できる、倉庫エリアを広く設けない在庫管理が行われるのが主流となっています。
コンビニエンスストアのPOSシステムおよび受発注管理においては、ポイントカード情報も活用して分析がされ、商品の投入がなされています。
そのため、店舗を利用するお客の好みに合った商品が充実していくことも多く、コンビニのフランチャイズ系列他店と品揃えが異なることも多くあります。
例えば、住宅地周辺においては生鮮野菜など適正な在庫管理を要する食材の取り扱いをする店舗も多くありますが、ビジネス街にあるコンビニにおいて生鮮食品の取り扱い店舗は多くありません。
さらに、客層や地域の特性にあわせた取扱品目が充実するため、旅行先等普段利用しないコンビニにおいて新たな商品を発見をすることもあります。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

December 2014
M T W T F S S
« Jun    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031